ごあいさつ

日商振(日本商工振興会)は、収益力・競争力・技術力のある事業者に対し、

再建の見込みがある場合、再建計画を立てて事業の再生支援を致します。

 

技術を有する事業者

老朽化監視.com  

バイオマス発電事業.com

債務を有する事業者

借入金、買掛金、税金、社会保険料等

倒産・破産回避住宅ローン解決

事業譲渡等をお考えの事業者 事業再生・M&A・事業承継等
資金調達を希望する事業者 滞留債権(売掛金、貸金)の売却等
独立開業を目指す方 弁護士、司法書士、行政書士、税理士

IT事業を起業する方

 

 

 

債券の販売を開始

28年3月22日より高利回り債券の販売を開始しました。

サイバー攻撃防止システム 販売開始!!

ips-3.bmp

老朽化監視等の導入を提案します。

                                                                日商振は、コンクリ―ト構造物等のインフラ老朽化対策による事故防止

を図るため、全国の関係各位の方々に、コンクリ―ト構造物のインフラ

「老朽化監視システム」および「河岸浸食・洗掘視システム」導入を

提案します。

バイオマス発電事業に参入

特徴1

再生可能エネルギー対策 「バイオマス発電」事業に参入

日本での原子力間レによる事故やトラブルが多く、信頼性に欠け、だれもが安全・安心を望む状況化、環境に良い再生可能エネルギーによるバイオマス発電事業の導入を提案します。

特徴2

再生エネルギー価格維持へ

再生可能エネルギーを固定価格で買い取る制度で、経済産業省は、2013年度も今年度の買取価格を据え置くことを軸に検討に入る。事業者への拝領を優先して高めの価格を続け、普及を促す。急拡大している太陽光発電に対し小幅に下げる案が浮上するが、世界的に見て高めの価格を日本が維持する頃は確実。

特徴3

電力、事業別に免許制を導入へ

経済産業省の有識者委員会がまとめる電力会社システムの報告書案がわかった。発電、送配電、小売のの事業ごとに横割りの免許を導入し、参入と競争を促す。電力会社の送配電部門を分社化する法的分離を「4〜6年後(2017〜19年)に実施となる」と明記。電力会社の監督は経産省ではなく、新たな規制機関が担う方針も盛り込んだ。

 

老朽化監視.com 最先端技術の導入

特徴1

コンクリート構造物のインフラ「老朽化監視システム」

高度成長時におけるコンクリート建造物(トンネル橋梁ダム、高速道路、高層ビル等)は、建設から長年を経過して、その安全性を置き去りにしてきたつけが出始めてきました。それらのインフラ老朽化対策として最先端技術のコンクリート建造物の「老朽化監視システム」の導入を提案します。

特徴2

河川/堤防/地滑り等のインフラ「河岸浸食・洗掘監視システム」

東日本大震災から1年半を経過し、度々各地で起こる地震、津波等による河川・堤防等の河岸浸食対策に最先端技術の「河岸浸食監視システム」の導入を提案します。

サービスのご案内

 

老朽化監視.com
 
バイオマス発電事業.com
 
e事業再生.com
 
 
 

 

 
相談会
 
海外進出
 
セミナー
   
   

 

お問合せ・ご相談はこちら

サービス紹介、相談会、その他について、ご不明点などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談・お問合せください。

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • メール相談は、無料です。

どんなお悩み相談でも構いません。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。


お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL :03-3667-8861

受付時間:9:00〜17:00(土日祝日は除く)

→ お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る